« 国産大豆サミットin江別 (7/6~7) | トップページ | コミレスフォーラム(7/15) »

2006年6月22日 (木)

地方自治土曜講座 第2講(6/24)

今年の地方自治土曜講座の第2講は、「今、求められる職員力、市民力とは」をテーマに、6月24日(土)に、北海学園大学で開催されますので、ご案内します。

午前中は、日大経済学部の牧野教授が「小さな政府論」をテーマに、自治体を取り巻く状況についての講演です。

また、午後は、報告1として、恵庭図書館の林さんが、問題提起型広報誌づくりなどの仕事を通しての「今、自治体職員になにが必要か」というお話を、報告2として、所沢市の鏡さんが、介護保険や(全国)自治体学会などの活動を通しての「市民に応えられる職員とは」というお話を、その後、森啓北海学園大学教授の司会で、報告者のお2人に北海道職員の小玉さんも加え、討論を予定しています。

◆◆◆地方自治土曜講座第2講「今、求められる職員力、市民力とは」◆◆◆
☆日時:2006年6月24日(土)午前10時~午後4時
☆場所:北海学園大学2号館3階31番教室

  (地下鉄東豊線「学園前駅」下車。3番出口)
☆内容:
講演「“小さな政府”論とはなにか-いま自治体を取り巻く状況について」
    牧野 富夫(日本大学教授・経済学部長)
報告1「今、自治体職員になにが必要か―これまでの仕事を通して」
   林 嘉男(前恵庭図書館長)
報告2「市民に応えられる職員とは―介護保険に携わってきて」
   鏡 諭(埼玉県所沢市高齢者支援課長・自治体学会運営委員)
討論「市民力と職員力」
   司 会:森 啓(北海学園大学法学部教授)
   討論者:小玉 俊宏(北海道総務部行政改革課主幹)、林 嘉男、鏡 諭

◎詳しくは、地方自治土曜講座のHPへ
 http://www2.pinky.ne.jp/~doyokouza/

|

« 国産大豆サミットin江別 (7/6~7) | トップページ | コミレスフォーラム(7/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104138/10636235

この記事へのトラックバック一覧です: 地方自治土曜講座 第2講(6/24):

« 国産大豆サミットin江別 (7/6~7) | トップページ | コミレスフォーラム(7/15) »