« Jネット47の旅『草津・軽井沢編』その① | トップページ | Jネット47の旅『草津・軽井沢編』その③ »

2006年10月 1日 (日)

Jネット47の旅『草津・軽井沢編』その②

Jネット47の旅、2日目の9月10日(日)。朝。草津は、気持ちのよい秋晴れ。さっそく宿を飛び出して、近くの共同浴場『千代の湯』へ。「共同浴場」とは、その名のとおり、地域の人たちが維持管理しており、観光客にもマナーを呼びかけながら、無料で開放しているのがうれしい。町内には18ヶ所もあり、昔からの伝統文化をきっちりと受け継いでいる。

 一風呂浴びて、湯畑のそばにある『熱の湯』へ。熱い源泉の温度を下げる方法として六尺板で湯をかき回す「湯もみ」のショーと踊りを楽しむ。そして、体験タイムでは、「草津よいと~こ~」と草津節に合わせて板を左右にひねるのだが、結構力がいるものだ。

 すぐ隣の共同浴場『白旗の湯』へ。ここ湯は熱く、足だけ浸かっても、アチチッと飛び出してしまうほど。思わず、10年ほど前まで日本テレビで放映されていたスーパージョッキーの「熱湯コマーシャル」を思い出す。『ウィキペディア百科事典』によると、その湯温は51℃前後だったらしい。ということは、『白旗の湯』も同じくらいの熱さか。結局、何とかかけ湯をするのが精一杯。這這の体(ほうほうのてい)で着替えて外に出たが、地元の人は、どうやって入浴するのだろうか?

 宿の「草津相撲研修道場」に戻って、内湯に浸かる。こちらは、ちょうどいい湯加減で、朝から温泉三昧だ。力士が利用する施設なので、トイレはビッグに設計されていたが、お風呂場の椅子は、以外にも普通の大きさだった。

 朝食をいただき、9時に出発。鬼押ハイウエーの途中にある北軽井沢の「鬼押出し園」へ。
 http://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi
 浅間山観音堂までの1km弱の遊歩道を散策する。天明3年(1783年)の浅間山噴火によってできた、溶岩がむき出しの自然景観が偉容だ。火口で鬼があばれ岩を押し出した、という当時の人々が見た噴火の激しさに由来するらしい。

 そこから南下し、中軽井沢へ。信州といえば、やっぱり「そば」。駅近くのそば処で、「信州そば」を堪能する。セットになっているけんちん汁もうす味でおいしい。
 午後1時、軽井沢駅で、Jネット関東大会は解散。参加メンバーに、再会を約束して、この後は、単独行動だ。

 今日の宿は、軽井沢駅から旧軽銀座に向かって徒歩約10分の「旧軽井沢ペンション☆ウエハラ」。こじんまりとしているが、閑静な宿だ。
 宿に荷物を置き、レンタサイクルを借りて、まずは、『旧三笠ホテル』に向かう。昭和55年に重要文化財に指定された純西洋木造ホテルだ。30℃近い気温だが、からまつ林が続く三笠通りは、周囲に別荘群が広がる閑静なエリア。帰り、自転車でくだるのは、実に気持ちがいい。

 三角屋根が印象的な『聖パウロカトリック教会』、軽井沢を避暑地として国内外に広めた「軽井沢の父」と呼ばれるショー氏の『ショーハウス記念館』を経て、『万平ホテル』へ。明治27年創業、ジョン・レノンが滞在中、毎朝1階のカフェテラスでロイヤルミルクティーを飲んでいたという有名な話があるそうだ。ここで、一息と思ったが、あまりに混んでいたので、あきらめる。
 森の路を自転車で一気に駆け下りて、『旧軽銀座』へ。老舗あり、信州の土産店あり、若者向けショップありと、約400軒もの店が軒を連ねている。ぶらぶらと歩いてみると、農業が盛んな長野県らしく、ジャムやベジタブル・ピクルス、ベーカリー、スイーツの店が多い。

 宿に土産物を置いて、軽井沢駅から、路線バスで星野リゾートに向かう。たまたま一人しか乗車していなかったので、運転手さんと話をすると、もう10数回も北海道に来ているとのこと。もちろん道内各地を巡っており、ススキノにも詳しいらしい。一方、軽井沢は年々気温が上がっているという。確かに、札幌と変わらないくらい涼しいかと思って来たが、この日の予想最高気温は29度と、予想外に暑かった。
 星野温泉『トンボの湯』に浸かる。源泉掛け流しの名湯で、「美肌の湯」と呼ばれる。広い露天風呂でゆっくり手足を伸ばす。1,200円の入湯料がかかるが、リゾートらしく施設もゆったりしており、備品類も行き届いている。

 星野リゾートの無料送迎バスで軽井沢駅に戻り、駅近くの『ごはんや』へ。地元の旬の野菜を盛り込んだ創作料理の店だ。軽井沢高原ビール「ワイルドトラスト」をグィッと飲み干して、卵と野菜の炒め物の定食セットをいただいた。
 日中は結構暑かったが、夜になるとさすがに冷え込んでくる。軽井沢の夜はとても静かだ。つづく

|

« Jネット47の旅『草津・軽井沢編』その① | トップページ | Jネット47の旅『草津・軽井沢編』その③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104138/12106420

この記事へのトラックバック一覧です: Jネット47の旅『草津・軽井沢編』その②:

« Jネット47の旅『草津・軽井沢編』その① | トップページ | Jネット47の旅『草津・軽井沢編』その③ »