« Jネット47の旅『鹿児島大会編』その② | トップページ | 【ご案内】10/29フォーラム「大学と地域連携」 »

2016年8月28日 (日)

Jネット47の旅『鹿児島大会編』その③

 朝、まずは、温泉へ。鹿児島市内の銭湯はほとんどが温泉とのことで、帯広と同じようだ。中でも「中原別荘」の温泉は、深度800mから湧出し、加水も加温も貯湯もしない「源泉100%かけ流し」なのがうれしい。泉質は、ナトリウム-塩化物温泉。露天風呂は1か所しかなく、朝は女性用なので、入ることができず、悔やまれた。
 朝食後、爽やかな晴天のもと、すぐ目の前の中央公園へ。セミの大合唱に圧倒される。鹿児島に来たからには、「西郷隆盛像」ははずせない。きれいな緑に囲まれた中に、高さ8mの銅像が堂々とそびえ立っていた。照國神社の前を抜けて、宿に戻る。

 8時半前に、鹿児島大会の解散式。おれんじ列車コースに向かうため、桜島コースの面々に、再来年の北海道大会での再会を約束して別れを告げ、9名で鹿児島中央駅へ。9:02発の九州新幹線さくら546号に乗り込む。新しい新幹線なので、静かで揺れも少なく、なんとも速いが、トンネルが多いのを実感する。札幌まで延伸する北海道新幹線は、もっとトンネルが多くなるのだろう。
 発車したと思ったら、9:46には新八代駅(熊本県)に到着。駅内にあり、Jネットメンバーが勤務する「DMOやつしろ」に立ち寄る。事業者や市民などが一体となって観光地域づくりを行う一般社団法人で、DMOは、“どこでも、みんなで、おもてなし”と、名は体を表しているようだ。

 肥薩おれんじ鉄道の改札口に向う。“動くレストラン”観光列車『おれんじ食堂』の乗車証明書(兼座席指定券)をいただいて、ホームで待つこと数分、八代海、東シナ海をイメージしたダークブルーに金の帯が入った車体がすべり込んできた。2両編成で、1号車はホテルのダイニングを、2号車はリビングをイメージした内装になっている。川内駅までの「スペシャルランチ」便で、指定された2号車に乗り込むと、海側が見やすいように座席が配置されていた。テーブルに置かれた、農園レストラン「三蔵」のメニューを見ると、ステーキをメインとしたフルコース10品のスペシャルランチで、期待感が益々高まった。

 定刻の10:08に出発進行、ガタンゴトンというローカル列車ならではの走行音に、新幹線と違った汽車旅の趣きを感じる。新幹線だとわずか30分位の距離を、たっぷり4時間かけて九州西海岸の景色と旬の味を楽しむ、豪華でスローライフな列車旅だ。
  出発すると、まもなく海岸線に出て、お昼までは、海を眺めながら、コーヒーなどの飲み物と軽いお菓子を楽しむ、ティータイムになっている。
 途中、いくつかの駅に到着すると、15分~20分位の停車時間があり、ホームには、乗客向けに、地元のマルシェが出店していた。駅を発車するときには、マルシェの売り子さんや駅員が笑顔で手を振ってお見送り、我々もそれに応えて、大きく手を振った。12:01に出水駅に到着、ここで出来立ての料理が積み込まれ、いよいよ、フルコースの始まりだ。

 12:19に出水駅を出発すると、地元熊本の地ビール「不知火海浪漫麦酒」(これは有料)で乾杯して、海鮮茶碗蒸しの前菜からスタート、ほろ酔い加減だが、繊細で美味しい味付けに満足しながら、冷しそうめん、焼き物・煮物、南瓜のスープ、ブリの風味焼きを堪能し、いよいよメインの鹿児島県産和牛のステーキ(隣席のお肉の方が大きく見えたのは気のせいか?)。じっくりとお肉の味と食感を味わい、イカの炊き込みご飯とともに、満足感に満たされる。
 海の景色は、天草諸島に囲まれた八代海(不知火海)から東シナ海へとかわり、13:01に阿久根駅に到着。この駅舎は、観光寝台列車「ななつ星in九州」や「おれんじ列車」を手がけた水戸岡鋭治氏がデザインしており、“まちの迎賓館、公民館”をコンセプトとして、木材がふんだんに使われ、「にぎわい交流館」として、とてもおしゃれな駅舎になっていた。

 料理も佳境に入り、別腹とはいえ、食後のパウンドケーキやチーズケーキのデザートは、ちょっとキツかった。と思ったところで、13:50に薩摩高城駅(さつまたきえき)に到着。駅から数分の海岸へダッシュすると、海岸沿いが一望できる展望台があった。肥薩おれんじ鉄道の社員の皆さん手作りで、駅ホームにはその様子がパネル展示されていた。食後の運動に?と粋なおもてなしだ。
 14:50に薩摩高城駅を発車して海岸線から内陸部に入り、名残惜しくも14:19に終点の川内駅に到着。乗車前は、約4時間の行程を持て余すのではないかと思っていたが、素晴らしい景色、素敵な駅舎、美味しい料理、そして地元の方々のおもてなしと、大満足の列車の旅だった。
♪「おれんじ食堂」のHP
 http://www.hs-orange.com/kankou/

 駅構内の物産館などを眺め、14:47発の新幹線さくら409号に乗り、14:59に鹿児島中央駅に到着。おれんじ列車コースの仲間に感謝と別れを告げ、北海道から参加の仲間と二人で、駅ビルのアミュプラザの屋上へ。
 事前にネットでチェックしていた「大観覧車アミュラン」だ。500円の切符を買って、カップルを横目に乗車口で待機。本当はすぐに乗れたのだが、2台しかないお目当ての“シースルーゴンドラ”を待つこと数分。無料観光セット(音声観光案内・地図形パンフレット・双眼鏡)を借りて乗り込むと、文字どおり、ゴンドラまるごと透明で、足元の景色もバッチリだ。
 最も高い場所は地上約91mにもなり、桜島の美しい勇姿や鹿児島市街地を一望できる。眼下にミニチェアのように見える市電が走っていたが、一部の線路周辺には芝生がきれいに植えられていた。市の「市電軌道敷緑化整備事業」により、ヒートアイランド現象の緩和や都市景観の向上などを目的として整備され、他都市からも注目されているという。これは是非とも札幌や函館の市電にも導入し、潤いのある街づくりに役立てててほしいものだ。
♪ 「観覧車アミュラン」のHP
  http://www.amu-kagoshima.com/amuran/

 約15分の観覧車で、鹿児島の旅もフィナーレへ。駅構内でお土産を買って、リムジンバスで鹿児島空港へ。17:35発のスカイマークで羽田空港へ。軽く夕食をとって、20:30発のスカイマークに乗り継ぎ、22:05に新千歳空港に無事到着。空港を出るとヒヤッとした外気に触れ、北海道に帰ってきたことを実感した。

 初めての訪れた鹿児島。その歴史、文化、観光、食、そして新たな出逢いと、連日好天にも恵まれ、楽しい3日間を過ごした。
 何よりも、今回のJネット47鹿児島大会を企画・運営し、お世話いただいた鹿児島県庁のスタッフの皆さん、訪問先で対応いただいた地元の方々、そして、全国各地から駆けつけたメンバーの皆さん、3日間の旅に快く送り出してくれた家族に感謝し、結びとしたい。

全3回《完》

|

« Jネット47の旅『鹿児島大会編』その② | トップページ | 【ご案内】10/29フォーラム「大学と地域連携」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Jネット47の旅『鹿児島大会編』その② | トップページ | 【ご案内】10/29フォーラム「大学と地域連携」 »